人生はめんどくさいものなり:石田奈央子ご挨拶

nao_ishida_rakugo_coaching

コーチなおのご挨拶

なお
はじめまして。プロコーチの「なお」でございます。本日は、ようこそのお運び、ありがとうございます。少々お付き合いを願っておきます。彩り豊かなコーチたちが、思いを込めて類を見ない、いろんなお店を出しましてね、とても賑やか市区新しいサービスをオープンさせていただきました。

当方は、その中でも「お笑い」と「エンターテイメント」の部門を担当させていただいておりまして、小道具は扇子と手ぬぐい、セッションルームには座り心地の良い大きな座布団もご用意するような、そんな気持ちでセッションに臨ませていただいております。でも特によい答えが出ると座布団が増えるとか、お行儀の悪いクライアントさんだと座布団を回収されてしまうとか、そのようなアコギな仕組みもございませんので、どうぞご安心の上、最後までごゆるりとお楽しみくださいまし。

落語活動もしているコーチです

なお
こうして、コーチという「表向きの顔」がございます一方で、「大和家くろ猫」(やまとやくろねこ)の芸名で、趣味で落語の高座にも上がらせていただいております。

なぜこのような芸名なのかと申しますと、住んでおりますのが神奈川県の大和市というところでございまして、「ヤマトと言えばクロネコでしょ?」という、落語家とは思えない何とも安易な発想でもって、わずか3秒で名前が決定した次第でございます。

芸名にある思い:黒は黒でも平仮名の「くろ」

なお
ですが、3秒で誕生した芸名であってもちょっとしたこだわりがございます。「くろ猫」の「くろ」は「平仮名表記」になっております。なんとなく落語家っぽくてかっこいいよね、というのはもちろん表向きの理由でございまして、実はそこには大きな願いがございます。
「黒」と言われるものは、世の中にはいくつもございますな。例えば「悪いこと(人)」、「ダメなこと(人)」、「隠しておきたいこと」、「許せないこと」、、、とにかくそおういう、いわゆるネガティブなことですな。そういうのが、世の中には本当に沢山ございます。

「黒いもの」は悪いもの?

なお
でも、そのような「黒いもの」には、本当にそのような側面しか存在しないのでしょうか?

いわゆる悪人と言われる人でもその裏側にはとてつもない光が潜んでいるかもしれません。落語でお決まりのダメダメキャラと言われる与太郎でも、実はものすごい力を備えているかもしれません。黒の向こう側には無限の光がある。コーチとして、言葉に表れていること、表面に見えていること以外にも、というよりはむしろ表面に見えていないものにこそ、耳を澄ましてしっかりと聴ける人でありたい。そのような、やや自戒っぽい願いを込めまして、「くろ」を平仮名表記にした次第でございます。

人生はめんどくさい

なお
それにいたしましても、お客様。
いかんせん、こうして見回してみますと、いつの時代におきましても、人生というものは本当にいろいろある、めんどくさい旅路と相場が決まっております。世の中本当にいろいろごちゃごちゃありますので、まぁ、思いつめたり悩んだり心配したり疑心暗鬼したり、ストレスが溜まったり眠れなかったり食べ過ぎておデブになっちゃったり、江戸の昔も今も変わらず、人の悩みというのは尽きないものでございます。

思いつめるのは体によくない

なお
でも、ともあれ、心に思いつめるというのは、体に大変よくございません。
どなた様の人生も本当に日々忙しくガヤガヤ動いておりますけれども、せっかくですのでこちらにお寄りの際には、ちょっとだけゆっくりと時間を動かして、健康に良いと言われる「バカ笑い」のエッセンスも多分に織り交ぜながら、楽しく温かくほのぼのと、でもそれでいて実は案外真剣に、涙も鼻水も流しながらアホ丸出しで人生の醍醐味をゆるりと抱えてみる。そんな風に、喜びも悲しみも嬉しさも怒りも、あなたの中にある人生の様々なリアルを、臨場感あふれるものとして体験できるような、そんな場をご提供できればと願っております。

コーチを活用してみるとあなたはヒーロー☆

なお
そんな、ますます生きづらい社会の中におきまして、このサイトを十二分に活用されて、コーチと共に日常生活を生きるという新しい習慣を始めてみる、なんてことになりますと、あなたはかなりの先駆けさん、もうすっかり長屋のヒーローです☆

まとめ

なお
というわけでございますけれども、誠に残念なお知らせですが特に何のオチもございません(笑)。コーチ・なお、まずは略儀ながらご挨拶とさせていただきます。口から先に生まれたことだけが取り柄の落語家ですが、どうぞよろしくお願い申し上げます。では、高座返し(落語で次の演者のために座布団を裏返すこと)をいたしまして、お次の師匠へ交代させていただきます。
無料相談はこちらから

ABOUTこの記事をかいた人

奈央子石田

1973年、神奈川県生まれ。共立女子大学国際文化学部卒業。 生まれつきの弱視であったが、大学在学中の急激な視力低下により自力での文字の読み書きが困難になり、2005年秋より盲導犬と共に生活している。2007年、視覚障碍者のためのコーチ養成機関・日本視覚障碍者コーチ協会との出会いを期にコーチングの学びをスタート。2011年より、世界中で約35000人にコーチングの学びを提供しているCTIの日本法人・CTIジャパンにてコーチングプログラムを受講し、2013年5月、プロコーチの資格であるCPCC(Certified Professional Co-Active Coach)を取得。 同年10月、14年半勤務した会社を退職しプロコーチとして独立。2014年9月、コーアクティブ・リーダーシッププログラム修了。趣味は落語鑑賞。自らも大和家くろ猫の芸名で創作落語を演じている。